住宅に関する基礎的な知識を身につけておきましょう

どのような

コーティングとはどのようなものか

水廻りコーティングというのは、素材の表面に保護膜を形成するというものです。水廻りコーティング剤は、撥水性に優れていることからキッチンなどのシンクに付いてしまう水アカやパネルの汚れなどを付きにくくする効果があります。日常でのお掃除を簡単におこなうことができ、清潔で衛生的に使用することができるため支持されています。このようにコーティングを施すことによって、防汚効果が高まり長い期間美観を維持することができるようになります。コーティングはキッチンなどの水廻りだけではなく、浴室の壁や天井などのように湿気が多くカビが発生しやすい箇所にも施されています。またフローリングなどにコーティングをすることによって、キズなどが付きにくくなります。

水廻りコーティング剤についてのご紹介

水廻りコーティングに使用されている薬剤として、特殊フッ素シリコンなどで被膜をつくり汚れが付きにくくする方法があります。レンジフードなどは特に油が付き頑固な汚れでクリーニングが大変な箇所ですが、フッ素コーティングをすることによってクリーニングを楽にすることができます。水廻りコーティング剤の種類には、ガラスやシリコン系樹脂なども利用されています。ガラス系は特に防汚性や撥水性に優れているため耐久性も5年以上だとされています。コーティングは、キッチンパネルやコンロのプレート、ドアパネル、レンジフード、蛇口やシンクなどさまざまな箇所に施すことができます。防汚だけではなく防カビコーティングなどもあります。